Yuuri Mikami Design Office is 
based on Visual Communication 
Design, and considers 
the relationship between 
the Individuals, Society, 
and Environment.​ Anyone 
who are interested to
my projects or considering of 
requesting design  work, 
please contact.

持続可能な社会と、精神的な豊かさへの貢献を目指して、個人/社会/環境などさまざまな関係性に介入しながら、視覚伝達デザインを基軸としたコミュニケーションの設計を役割としています。デザインを “知覚から認識へと働きかける行為” と捉え、目まぐるしく変化する世界において、新たな認識や価値観を形作る可能性を模索しています。
​—
三上悠里|グラフィックデザイナー
2008年 武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。在学時より視覚言語や記号論などに関心を持ち、造形による意味生成のプロセスを研究する。同年 株式会社電通テック入社。アートディレクターとして様々な広告制作業務に携わったのち、2014年 株式会社佐藤卓デザイン事務所入社。書籍 “デザインの解剖”、大地の芸術祭2015、菊正宗 “百黙”、“佐藤卓とライゾマティクス” 展などの案件を担当。2017年 独立。現代美術、演劇、教育、ソーシャルデザインなどの文化・芸術領域を中心に、観察と対話に基づく解釈の視覚化を主題に活動中。公益社団法人 日本グラフィックデザイン協会(JAGDA)正会員。2017年よりグラフィックデザイナーの保田卓也とともに “憲法のきほん” を主催。2019年ー2021年、東京アートポイント計画 “東京で(国)境をこえる” 事務局として活動。 

受賞/入選 
グッドデザイン賞|ヤングカンヌ・コンペティション 銅賞|入選:東京TDC賞, JAGDA Graphic Design in Japan, 日本タイポグラフィ年鑑, 世界ポスタートリエンナーレトヤマ, ラハティ国際ポスタートリエンナーレ, モスクワ国際グラフィックデザインビエンナーレ GOLDEN BEE, 深圳国際ポスターフェスティバル 他

掲載/インタビュー
  • 来るべきデザイナー:現代グラフィックデザインの方法と態度(グラフィック社)
  • ヴィジュアル・コミュニケーション・デザイン・スタディ:視覚伝達デザイン学科研究室が目指すもの(武蔵野美術大学出版)
  • 日本のグラフィックデザイン:スタイルの進化と現代表現(Sandu publishing, 中国)
  • POSUTĀ POSTER(victionary, 香港)
  • 図形で魅せる広告レイアウトデザイン(パイ インターナショナル)
  • デザイン配色解剖(誠文堂新光社)
  • ​​デザインのひきだし(グラフィック社)
  • Mdnデザイナーズファイル(MdNコーポレーション)
  • 日本タイポグラフィ年鑑(パイ インターナショナル)
  • 年鑑Graphic Design in Japan(六燿社)
  • 年鑑Tokyo TDC(DNPアートコミュニケーションズ)
  • Greenz.jp
  • 呼吸:日本のグラフィックデザインの現在 ※中国語

講義/レクチャー/トーク
  • 武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科  非常勤講師(2024年度〜)
  • 御茶の水美術専門学校 非常勤講師(2022年度〜2023年度)
  • 武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科 デザイン特論 ゲストスピーカー(2018年度〜2023年度)
  • 愛知県立芸術大学 ゲストスピーカー(2023年度〜現在)
  • フェリス女学院大学 ゲストスピーカー(2023年度〜現在)
  • 武蔵野美術大学 キャリア設計基礎 ゲストスピーカー(2021年度)
  • 上海視覚芸術学院 オンライントーク ゲストスピーカー(2021年度)


Our role is based on visual communication design, intervening in various relationships between individuals, society and the environment, with the aim of contributing to a sustainable society and human well-being. We see design as an act of working from perception to recognition, and are exploring the possibilities of shaping new perceptions and values in a rapidly changing world.

​ —

Yuuri MIKAMI|Graphic Designer2008 Graduated from Musashino Art University Department of Visual Communication Design. DENTSU TEC INC. from 2008 to 2014, TAKU SATOH DESIGN OFFICE INC. from 2014 to 2016. In 2017, she established Yuuri Mikami Design Office in Tokyo. On the subject of visualising interpretations based on observation and dialogue, in culture and the arts, including contemporary art, performing arts, education and social design. 


Award/ShortlistGOOD DESIGN AWARD, Prize|Young Cannes Lions Competition, Bronze|Tokyo TDC, JAGDA Graphic Design in Japan, JAPAN Typography Association, International Poster Triennial in Toyama, LAHTI POSTER TRIENNALE, Moscow Global Biennale of Graphic Design Golden Bee, Shenzhen International Poster Festival, Shortlist|And more.


Publicity
  • Coming designers (Graphic-sha Publishing Co., Ltd.)
  • A Study of Visual Communication Design (Musashino Art University Press)
  • Japanese Graphic Design: Style Evolution and Contemporary Expressions (Sandu Publishing, in China)
  • POSUTĀ POSTER (victionary, in Hong Kong)
  • Shapes and Figures in Advertising Design (PIE International)
  • Design no Hikidashi (Graphic-sha Publishing Co., Ltd.)
  • MdN Designers File (MdN Corporation)
  • ​Applied Typography (PIE International)
  • Graphic Design in Japan (ROKUYOSHA. INC)
  • Tokyo TDC (DNP Art Communications Co., Ltd.)
  • greenz.jp
  • BREATHING


Lectures
  • 2024–, Professor, Adjunct lecturer, Musashino Art University 
  • 2022–2023, Professor, Adjunct lecturer, Ochanomizu Art College 
  • 2018–2023, Professor, Guest speaker, Musashino Art University
  • 2023–, Guest speaker, Aichi University of the Arts
  • 2023–, Guest speaker, Ferris University
  • 2021, Guest speaker, Musashino Art University
  • 2021, Guest speaker, Shanghai Institute of Visual Arts






© 三上悠里 
∴ yuurimikami All Rights Reserved.


Home—Selected
Archives
About
Contact


Instagram↗︎
Twitter↗︎
Facebook↗︎